SwiftでCocoaPods使おうとしたらエラー出るけど、2行で直せた | hajipion.com

AFNetworking使おうとしてエラー

Xcode6にアップデートして、Swiftで書いたプロジェクトで AFNetworking のライブラリを使おうとしたらなんか言われました。

AFNetworkingで出るエラー

これを解消するためには、Objective-Cで定義したクラスを利用するファイルをつくらなきゃいけません。

SwiftとObjective-Cの橋渡しなので、ブリッジ といいます。

エラー解消方法

ブリッジファイルの作成

上部メニューから「File」>「New」>「File…」を選びます。

新しいファイルを作成

次に「Cocoa Touch Class」を選択。

CocoaTouchClassを作成

そして次の項目。以下の画像のようにしてください。

BridgingHeaderをつくる

クラス名はなんでもいいですが「BridgingHeader」とかにして、Subclassは「NSObject」。

間違いやすいので注意ですが、Languageは「Objective-C」にするように!

そのあとは全部 YesYesYes

あとは全部Yes

2行追加

そして最後にコードをちょっと書きます。

今回はAFNetworking、あとAFHTTPRequestOperationManagerを使って出たエラーなので、この2行を追加するだけですね。

二行を追加するだけ

書くファイルは先ほどつくった「BridgingHeader.h」や「BridingHeader.m」ではなく、勝手に生成された「(プロジェクト名)-Bridging-Header.h」というファイル。

ややこしいので間違えないように(*_*)

そしたら……

ビルド成功!

ビルド成功!

Hajime Hirono

Written by

広野 萌(ひろの はじめ)

@hajipion

株式会社FOLIO CDO。一般社団法人デザインシップ代表理事。
1992年2月1日京都生まれ、早稲田大学文化構想学部卒、ヤフー出身のデザイナーです。
日陰しか通らないルート検索アプリ☀️とか、くしゃみしたら自動でティッシュをぶっ飛ばすティッシュ箱🤧とか、色々作ってます!

» 経歴・受賞歴・ポートフォリオ

Related Posts

hajipion.com TOP