Xcode6でCocoaPodsをインストールする方法と使い方 | hajipion.com

インストール

Xcode」>「Preferences…」から、Command Line Tools をインストールしてることが前提です。

CommandLineToolsをインストールしておくこと

まず以下のコマンドをうちます。

文字通りCocoaPodsをインストールしました。

次にライブラリの情報をセットアップ。

Podfileを作成

プロジェクトフォルダの一番上に、Podfileを作成します。
このファイルで色々なライブラリを管理する感じです。

テキストエディタでつくってもいいですが、ターミナルで

と打つだけで勝手に生成されます!

Podfileを作成

Podfileの中身を編集

pod init」でつくるとあらかじめ色々書かれていますが、基本的に以下のようにプラットフォームや使用したいライブラリを追加してください。

Podfileの中身

そうしてPodfileの内容を反映させるには、以下のコマンドを打ちます。

podinstallで反映

そうすると、workspace というファイルが新たにできるので、今後は「.xcodeproj」という拡張子ではなく、「xcworkspace」のファイルを開くようにしてください。

これでCocoaPodsが使えるようになりました!

世にある色々なライブラリをお試しください(^^)

Hajime Hirono

Written by

広野 萌(ひろの はじめ)

@hajipion

一般社団法人デザインシップ代表。早稲田大学卒業後、ヤフー株式会社入社。2015年、オンライン証券「FOLIO」を共同創業。Chief Design Officerに就任。2018年、一般社団法人デザインシップ設立。代表理事に就任。法律・医療・自動運転・エンタメ・ARなど幅広い業界の新規事業立ち上げ・デザインを支援。ラジオ番組「ブレインストーミング」隔日更新中。

» 経歴・受賞歴・ポートフォリオ

Related Posts

hajipion.com TOP