実はつくってましたLINEスタンプ

先日、こっそりつくっていたLINEスタンプが承認され、ストアに公開されました。

» 次世代リーダーのためのスタンプ

次世代リーダーのためのスタンプ

これによって、イラストとか描けなくてもLINEスタンプだせるんだぜ ってことを証明したんですが、実はこのスタンプ、5月につくって申請したものなんです。

そう、つまり……

申請から承認まで8ヶ月かかりました。

その8ヶ月の間になにがあったのか。なぜ承認がおりなかったのか。

今回はその一部始終をお伝えします。

5月:制作〜申請

5月、まだLINEスタンプの数もそんなに多くなくて、クリエイターにとってはチャンスだった頃。

僕はイラストが描けないにも関わらず、LINEスタンプを遊び心でせっせとつくってました。

当然カワイイ系も癒し系もつくれないので、ネタ系で攻めようと考えます。たとえばミサワみたいな……

ミサワといえば、慶應の学生って本当にあんな感じだったな〜あれって客観的におもしろいよな〜という考えから派生し、実在の友だちをモデルにして とりあえずネタを考え始めました。

企画のメモ

まずこのようにMacの「メモ」アプリに思いつく限りネタを書いていきます。

LINEスタンプは全部で40個必要なので、ブレストした中から40個まで厳選し、ネタづくりは終わり。

普段からtwitterで意識高い系botなどもフォローしていたので(笑)、ネタはわりとすんなり出ました。

さて、問題はイラスト!

棒人間とかにしようかな、とも思いましたが、この意識高い系スタンプは受け取った側が「うざい」「腹立つ」ことが大切なので、ビジュアルもなるべくうざくしないといけないと判断し、やはりきちんとイラストを描くことに。

それで描いてみたのが……

とりあえず描いてみた

いつみてもひどい。

小学生でもこれよりましな絵を描きます。やはりデザイナーにはなれてもイラストレーターにはなれない。

何がいけないんだろう、そうだ、もっと服装は意識高くスーツとかどうだろう? なんか勢いある感じで、松岡修造みたいな感じで……

2案目

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん・・・・・・・

さて、これはイラストに限らず、一概に素人というのは、「なんかひどいのは分かるんだけれど、なにがひどいのかは分からない」もの。

そこでイラストも描けるデザイナーの友人に頼んで、フィードバックをもらうことに。

その友人に頂いた言葉は……

うざくない

友人「ネタはうざくて面白いのに、イラストが全然うざくない。なんかキラキラしてる。ただの若いサラリーマンみたい。もっとドンヨリと、目が死んでるみたいな、苦学生みたいなのがいいと思う」

などなど、大変ためになるアドバイスを多くいただきました。

おしなべてその通り!

でも素人はまだまだ具体的にどうすればいいのか分かりません。差し出がましく聞き続けます。

僕「もっとうざくするにはどうすればいいんですか?」

友人「たとえばもっと目をこう気持ち悪く……そう、それでさらにほうれい線もちょっと加えたり……唇は気持ち悪く……」

……などのアドバイスを経て、できたのがこちら。

試行錯誤をした結果

友人「うわ、うぜえ!」

その言葉を待ってました!!!!

あとは40パターンつくるだけです。

このイラストをベースに、手を動かしたり、目を変えてみたり……

ちなみにこれ、全部ペンツールで描いたパスです。(だってペンタブとかないし)

さて、そんなこんなでなんと 1週間 で出来上がったので、5月28日、早速申請することにしました。

6月:反応なし

なんと、1ヶ月経っても審査が始まりません。

申請数が多いにしても、遅いもんだな〜

いまかいまかと承認の日を待つばかり。

すると……!

7月:リジェクト〜再申請

以下のようなメールが……。

リジェクトされた

リ、リジェクト〜〜!!!

2ヶ月跨いでそれかい!!

リジェクト内容は……

リジェクト内容

LINE「× 出遭い → ○ 出会い です」(キリッ)

(わざとやってるんだけどなぁ……)

出逢いとか、出遭いとか、そういう漢字使うじゃないですか、意識高い人って。僕のfacebookだけですか?

でもまあ、「内容が公序良俗に反する」とかじゃなくて本当によかったです。

そんなこと言われたらもう何もつくれなくなっちゃうし、直しようがないから。

(※ちなみに僕は学生のとき、「女の子を指でなでたら笑顔になるアプリ」をひとりでObjective-C勉強しがてら開発して、やっとの思いで申請したらAppleから「そもそも公序良俗に反する」と言われてオジャンになりました)

なにはともあれ言い返したい気持ちをぐっと堪え、言われたとおりにそこを直して再申請。

僕よりあとにスタンプを申請したさっきの友人は、この時点でスタンプの承認がおりてました。

これからどんだけかかるんだろう………8月はいっちゃうかな〜

……とか甘いこと思ってました。

8月:反応なし

(遅いな〜でもそろそろかな?)と、まだ淡い期待を抱いています。

9月:反応なし

ここらへんで静かな怒りがわき始めます。

LINE株式会社のスタンプ部門(?)にはリソースが少ないのか、なんなのか。

10月:反応なし

もうひとりのイラストできるデザイナーの友人がLINEスタンプだして、1週間で20万くらい稼いでました。

なんて夢があるんだLINEスタンプ!

でも僕はスタートラインにすら立たせてもらえない!

11月:反応なし・再申請

もはや無感情。

しかし諦めない。

8月にちょっと審査してから全くアップデートされてなかったので、「おいこれどうなってんだ」という意味も込めて、

もうひとつ、全く同じ内容のスタンプを申請しました。

全く同じ内容のスタンプを申請

担当者に(あれ、この人同じ内容のスタンプ送ってる……あ、そういえばこれ放っておいたままだったな)と思わせる作戦です。

ちなみにタイトルは同じものが申請できなかったので、「!」を増やすという、しゃらくせえテクニックを使いました。(笑)

結果は成功で、一週間後に、もとのスタンプも含めて審査がアップデートされていました!

12月:反応なし

……と喜んだのもそのときだけ。

それ以来はまた、なーんの音沙汰もなし!

5月に申請して年内に出ないとかすごいな。

1月:再申請・承認

あけましておめでとうございます。

結局年越した!

さて、しかし僕は諦めの悪い男。

一回決めた目標は、達成するためならなんだってやります。執着心が強く粘着質であり貪欲で強欲で意地汚い!

勝つためならなんだってする!

またもうひとつ、全く同じ内容のスタンプを申請しました。

3つ同じ内容

(まじで意地が悪い)

するとすると……!!!

その4日後の、1月13日……

承認きたー!

キターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

というわけで足掛け8ヶ月。

絵が描けない僕でもやっと、LINEスタンプの販売に至ったのでした。

8ヶ月かかった理由について

友人が1ヶ月足らずで承認がおりている一方で、なぜ8ヶ月も承認がおりなかったのか。

今まで散々文句言い散らしてましたが、これはLINE株式会社の怠慢でも、うっかりミスでもないと思います。

じゃあなぜなのか。

可能性が高いのは以下の2つの理由でしょう。

  • クオリティが低すぎる
  • 倫理的に問題がある

まず、クオリティの問題。

棒人間みたいな「ヘタウマ」スタンプが多く販売されているLINEクリエイターズマーケットにおいても、「もともとうまく描ける人があえて下手に描いてるもの」が多い印象です。

それに対して、このスタンプは 普通にクオリティに疑問を感じる。

よく通したと思います。

あと考えられるのは、まあネタがハイコンテクストすぎて、よくわからない上に、説明文に「某大学経済学部」とか書いててあきらかに慶應経済だし、倫理的に普通に問題が……

よく通したと思います。

ともかくそんなスタンプもしゃらくせえ手法でゴリ押しした結果、販売まで至りました。

せっかくなので皆さんもつかっていただければ嬉しいです。

第一印象よりも意外と使いどころがあります。(多分)

» 次世代リーダーのためのスタンプ

次世代リーダーのためのスタンプ

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Hajime Hirono

Written by

広野 萌(ひろの はじめ)

株式会社FOLIO CDO。
1992年2月京都生まれ、早稲田大学文化構想学部卒、ヤフー出身。
UI/UXデザインとコンセプトメイキングが得意です。
代表作に「inShade」「INTEMPO」など。

» 経歴・受賞歴・ポートフォリオ

Related Posts

hajipion.com TOP